全館暖房システム【オススメ】

エディルカミン

暖かい家にしたいと思い薪ストーブやペレットストーブを設置しても、家全体が温度差無く暖かくなる訳ではありません。

家の広さや部屋の間取りで熱の伝わり方が変わるので、ストーブを設置してある部屋は暖かくても、脱衣所やトイレ・廊下などストーブから離れた部屋は寒いといったことが起こってしまいます。

 

当店は全館暖房システムのパイオニア

当店は、日本国内でもいち早くヨーロッパで広く普及しているペレットストーブによる全館暖房システムを採用しました。

というのも、私自身薪ストーブ・ペレットストーブを使用していますが、ストーブの周りは強力に暖かいがストーブから離れている場所は寒く、この温度差を平均的に解消できないか模索していたからです。

 

薪ストーブは大変暖かく、薪の投入量で火力を調整できる楽しみがありますが、それ故に暖房器具という点では薪ストーブのある部屋と無い部屋の温度差がありすぎるという弱点があります。

また、ペレットストーブは薪ストーブに比べ手軽な暖房器具ではありますが、薪ストーブの様な大出力で運転することが出来ないため、ストーブから離れた部屋は寒いという弱点があります。(他の暖房器具よりは暖かいですが)

ですので、薪ストーブもペレットストーブもストーブの発する熱を他の寒い部屋に分配することで上記の問題点は解消でき、ヒートショックの危険性を減らす事が出来るのです。

 

冷えは万病のもと

この様な全館暖房システムは、各メーカーのストーブによっての特性や、どの部屋を暖めれば家全体が暖かくなるかといったノウハウの蓄積が必要です。

 

コンパクトなお家にはペレットストーブを1台設置するだけ暖かくなりますが、部屋数の多いお家や平面的に広い家はペレットストーブから出る温風ダクトを配管し熱を分配することで、この全館暖房システムは効果が高くなり、家全体を暖かくすることが出来るのです。

 

冷えは万病のもとと言われます。

運動・スポーツで寒さに負けない丈夫な体を作ることは必要ですが、自宅では薄着でリラックスした時間を過ごしたいもの。

リラックスタイムに体調を悪くさせないためにも、全館暖房システムで暖かく快適な冬を過ごしませんか?

 

 

暖房方法は2種類

全館暖房の方法は2種類です。

  1. 温風による方式
  2. 温水による方式

簡易的な方式が1の温風方式で、本格的な方式が2の温水式です。

 

  温風方式はPIAZZETTA社に代表されるダクト配管方式。

ピアツェッタ全館暖房(ダクト配管)システムエアサイクル概念図

エアサイクルを実現する事で、部屋中均等に暖気が行き渡ります。

※全館暖房システムが対応できない機種があります。詳しくはお問い合わせください。

 

 


  温水方式は床暖房やパネルヒーターにも対応します。

より細かくお部屋を暖めたという方はペレットボイラーシステムがおすすめです。

 

暖房だけでなく給湯設備も木質エネルギーで!

トイレや廊下も暖めたい!という方にはペレットボイラーシステムをおすすめします。
ペレットボイラーで暖めたお湯(不凍液)を、各部屋に設置したパネルヒーターや床暖房に循環させることで1日中暖かいお部屋で過ごす事ができます。ペレットボイラーで作り出したお湯を貯湯タンクに貯める事でお風呂やキッチンでの使用も出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

※設置機種については十分な打ち合わせと時間が必要になります。詳しくはメールまたは電話(0263-57-5101)でお問い合わせください。

 

 

 


イタリア製薪ストーブは温風ファンが付いています。

スタイリッシュな円柱型薪ストーブ【E929M】 価格¥570,000-(税別、オプション別途)

E929M

ラウンド型のガラスにより、立ち上がる炎をより立体的に楽しめます。フロントドアは独自のラッチシステムにより動きも滑らかで開閉も簡単、1回のハンドル操作で2ヶ所のドアラッチを固定しストーブの気密性を高めます。炉内はピアツェッタ社が特許を持つセラミック製耐火レンガ「ALUKER®(アルカー)」で覆われ、従来の耐火レンガに比べ耐久性・蓄熱性が向上し、燃焼効率を高めています。足元と天板部分からの対流熱は、オプションの送風ファンでより効率的に部屋を暖めることができます。送風ファンは更にオプションのダクト配管施工を行なうことで、温風を分岐させ離れた部屋へ送風することが可能です。

 

 

 

 

E929M

E929M